ホーム > 資格者優遇・優待
資格者優遇・優待
※以下文中のリンクは外部ページ(JASAもしくはリコー・ヒューマン・クリエイツ社のページ)
 が開きます。


SEA/J基礎コース

ISMS審査員研修を修了した方やISMS審査員の資格をすでにお持ちの方および
SEA/J応用コースマネジメント編合格者(CSPM of Management取得者)
対象に、それぞれの資格と情報セキュリティ監査との違いを中心に学ぶための
コースです。
一日間の研修後、修了試験に合格すると、 「情報セキュリティ監査人研修2日間
コース」
を修了・合格したと見なされ、JASA(日本セキュリティ監査協会)認定資格
「情報セキュリティ監査アソシエイト」の資格申請ができるようになります。
また、「情報セキュリティ監査人トレーニング3日間コース」の受講資格を同時に得
ることができます。
CSPM of Managementを取得された方には通常の2日間コースよりも少ない費
用と時間で
資格取得を目指していただくことのできるコースです。

コース名称
情報セキュリティ監査人ブリッジコース (→詳細)
取得資格
JASA認定資格「情報セキュリティ監査アソシエイト」への申請資格
(研修終了後の修了試験に合格した場合のみ)
研修期間
1日間(9:30〜18:00) (←通常2日間)
受講料
¥39,900(試験別/試験料¥5,000) (←通常¥90,000+試験料¥5,000)
開催団体
リコー・ヒューマン・クリエイツ株式会社 (SEA/J認定校)
コース内容
1)情報セキュリティ監査概論
2)情報セキュリティ監査の基準
3)情報セキュリティ監査の技法
4)情報セキュリティ監査のプロセス
5)修了試験
その他
申し込みの際に合格時に発行される番号(CSPM of Management
取得者の場合、合格証のSEA/JID)が必要です。

   ※上記内容は予告なく変更されることがあります。
     正しくは主催のリコー・ヒューマン・クリエイツ(株)にご確認ください。



■JASA(日本セキュリティ監査協会)について
2003年4月1日、経済産業省によって施行された「情報セキュリティ監査制度」を着実に
浸透させるための運営体として同年10月に設立されました。情報セキュリティ監査に
携わる企業・組織・監査人の方々が会員となり、「情報セキュリティ監査制度」の普及・
啓発と、民間企業並びに地方公共団体をはじめとする行政機関等における情報セキ
ュリティの向上を目指し、情報セキュリティ監査市場の創出、具体的なガイドラインの
整備、監査の品質向上、個人情報保護法など他制度との整合性の検討などの活動を
行っています。

関連リンク   日本セキュリティ監査協会 (JASA)
                 - 情報セキュリティ監査制度とは
                 - 他制度との関係
                 - 公認情報セキュリティ監査人資格制度概要