top of page

SEA/J CTF for Students2023を開催!

~認定校への支援充実で学生のセキュリティスキルアップを目指します~


一般社団法人 セキュリティ・エデュケーション・アライアンス・ジャパン(代表理事 下村正洋、以下「SEA/J」)は、アカデミー認定校の学生を対象にSEA/J CTF for Studednts(※1)を開催します。


SEA/Jは、2002年に国内初のセキュリティ資格認定団体として設立以来、セキュリティ教育の重要性をテーマに活動を続けています。近年、経済社会のデジタル化により、あらゆる職務においてサイバーセキュリティリスクへの理解が求められるようになりました。特に、ITを学ぶ学生がセキュリティの素養を備えた人材として社会に貢献することが重要です。そのためには、座学中心になりがちなセキュリティ学習に対して、実践的なチャレンジをしていくCTFは非常に有効な学習方法です。また、セキュリティに興味を深める切っ掛けとしても最適な場となります。SEA/Jは、学生の成長とセキュリティスキルの育成を目指し、CTFを開催することになりました。

(※1)CTF:「Capture The Flag」の略称、情報セキュリティに関連する問題を解きポイントを獲得する競技性のあるゲーム


SEA/J CTF for Students2023大会概要              

SEA/Jアカデミー認定校向けの支援策について          

SEA/Jは、学校現場における教育コンテンツ不足を解決するための補助教材の開発や、先生方のスキルアップのための勉強会開催など、下記のさまざまなアプローチで先生方をサポートしていきます。

今後も他の資格運営団体では難しい、きめ細かな支援を拡充していく予定です。この機会にアカデミー認定校への参加をご検討ください。

CTF(Capture The Flag)とは?                

CTFは、情報セキュリティに関連する問題を解きポイントを獲得し競うゲームです。ゲーム感覚で楽しみながら技術や知識を学べます。各問題の中に、「Flag」という文字列(正解)が隠されていてそれを探し出します。海外では、世界最高峰とされる「DEFCON CTF」、国内では「SECCON CTF」が有名です。


▼CTFを取り入れるメリット

・得意分野を知ることができる   CTFの問題は難易度によって点数が異なります。“どの問題から取り組むか?” が

 得点を伸ばすための大切な戦略のひとつです。


・ITの総合知識が必要となり、学習意欲の刺激となる  解答を導くためにはプログラミングやネットワークなど

 セキュリティの分野以外の知識も求められます。

 総合的なIT知識を試すことができるとともに、

 さらなる学習意欲を高める効果があります。

・実践的なスキルが身につく  問題を解くためには実際に手を動かすことが必要です。

 実践的なスキル習得につながります。


・チームワーク/コミュニケーションスキルの習得  CTFは1人で参加することもできますが、チーム戦が

 多いです。チームメンバーと協力して戦略を立てる 

 ことで、チームワークやコミュニケーションスキルも

 養うことができます。


最近ではCTFを人事採用や人材育成のための研修プログラムで取り入れる企業も増えています。


最新記事

すべて表示

JNSA会員向け説明会        ~国内における情報セキュリティ認定資格のパイオニア【SEA/J】の一般認定校参加特典と講師認定制度について~

今年の4月からSEA/Jはサイバーセキュリティに携わる人材の充足化を目指す活動を促進するために、セキュリティ教育領域においてJNSAとの協業を締結し連携を一層強化しました(※1)。 この度、連携強化の一環として、講師認定審査における費用免除や、一般認定校参加の年会費割引など、JNSA会員企業向けに用意した特別プランの説明会を行います。 ご興味ある方は、以下申込フォームより申し込みください。 ■日時

Opmerkingen


bottom of page